会社に必要な要素BCP!もしものときに備えた対策を知っておこう

データセンターを使いデータの保存をしよう

事業継続計画はBCPとも呼ばれるもので災害に備えた対策を取る作業を指します。例えば災害で機器の故障により会社の顧客データや重要なデータが取り出せなくなってしまうと大変です。会社存続の危機に関わることなので、このような事態を想定してBCP対策を行う必要があります。代表的なものはクラウドサービスを使いデータセンターに会社のデータを保管しておく作業です。データセンターは災害に強い作りをしているので地震や洪水といった被害から大切なデータを守ってくれます。不測の事態が起きてもデータセンターから必要なものを取り出し事業継続できるのが魅力です。またハッカーの攻撃で情報の漏洩をしてしまう可能性も考えられます。こういう事態にも対応できるのがデータセンターです。高いセキュリティ技術を駆使して24時間365日あらゆる妨害から守ってくれるのが魅力となっています。

指揮系統を明確にしておくと良い

会社が不測の事態に陥ると大変なので災害本部を設置しておくといいでしょう。設置しておけば万が一の事態が起こっても迅速な対応をする事ができるので安心です。社内に本部を設置して本部長も配属、情報収集や現場対応のマニュアルを作っておけば対応力を上げることができます。インシデントコマンドシステムを取り入れている企業もあるので検討してみると良いです。こちらはアメリカで森林火災があった時に消防隊が利用したシステムとなっています。システム作りをしたことにより他の部隊に消防隊が移動しても同じ仕組みで活動できるのが魅力です。

BCP対策とは、起業が予測不可能なトラブルに見舞われた際、重要業務の被害を最小限に抑え運営を滞らせないための行動指針です。

Related posts