実はめっちゃお得!?LED照明のおはなし

そもそもLED照明とは?

蛍光灯や白熱電球からLEDへの切り替えは進んでいますか?壊れたら考えるけどまだ使えているからなぁ~とか、そんなに大きな違いないでしょ~など、先延ばしになっていませんか。まずはLED照明について知ってみましょう。
LED(発光ダイオード)は、高輝度で電球に比べて発光量あたりの消費電力も少なく、長寿命(約10年)です。青色ダイオードが発明されたことで白色が表現できるようになり、現在ではほぼすべての色が表現可能になっています。
従来は蛍光灯自体を電球色/昼光色で切り替えて色味を変更するしかありませんでしたが、LEDを使用した照明ではボタン一つで自由に変更できます。また、シーリングライトなどはLEDを複数個組み込んだ構成になっているため、例え1つのLEDが点灯しなくなったとしても、全体の明るさには影響しません。
つまり、電灯を交換する手間が激減するのです。これだけでも嬉しいのに、明るくてさらに電気代もお安くなるのであれば、かなりお得ですよね。

どれを選べばいいの?

電球型の場合は、今までと同じ口金サイズであれば問題ありません。昼光色/電球色、調光対応など、お手持ちの照明器具にあったものを選択してください。ただし電子回路が入る分、従来の電球より重くなります。多くの電球を必要とする照明器具の場合、総重量にご注意ください。
シーリングライトなどは、器具自体の交換が必要となります。調光、調色、エコセンサー付きなど機能は様々ですので、生活スタイルに合わせ必要なものを選択してください。多機能になるほど高額になる傾向がありますが、10年ほど電球交換も買い替えも必要ないことを考慮すれば、それほど高額ではありません。

LEDライトパネルは、バックライトの寿命が大変長いため、長時間使用する場合でもメンテナンスコストを抑えられます。

Related posts