根本的に原因を解決したい!手術で膣のゆるみを治そう!

ゆるんでいると健康にも悪いんです!

女性の体は老化だけではなく、出産という一大イベントを経験することで大きく変化します。膣のゆるみもその変化の一つなので、もし自分の身に起こってもショックを受けないでくださいね。骨盤底筋群の筋力の低下や、出産時に膣がのびることでゆるみが生じます。湯船を出る時に体の中からお湯や水が流れてきたり、おりものに臭いや色がついてきたら要注意ですよ。放っておくと不感症になったり、膣炎になることも…。ヒアルロン酸を注入したり、膣縮小用の医療機器を使うことで膣にハリを出すこともできますが、その効果は一定期間しか持続しません。何度も再治療をするのが面倒な人や、一回の治療で根本的な解決を目指すなら膣縮小手術を受けましょう!

手術で昔の体に戻れる!?

膣縮小手術は、余分な部分を切除したり、縫合したりしながら形を整えていきます。その患者さんの状態で縮小するべき範囲が違うので、事前カウンセリングで入念な話し合いが行われるのです。膣の入り口はもちろん、奥の方までしっかりゆるみを引き締めることができるので、患者さんの中には出産前の膣に近い状態まで戻せる人も。生まれつき膣が広がりやすい体質の人の手術をしてもらえますよ。子宮に近い部分を手術するので、確かな技術を持っている医師がいるクリニックを選んでくださいね。アフターケアとして数回の検診を義務付けているところなら、術後に不安な点がある場合にも安心できるでしょう。腫れは大体四週間後には治まってきますよ。

膣圧トレーニングを施すことにより、産後のゆるみなどを解消しますが、姿勢を正したり、お腹とお尻に力を入れ、背中を伸ばすなどの例が挙げられます。

Related posts