墓じまいは「お墓の引っ越し」です

近年、「墓じまい」という手続きをとる人が増えています。先祖代々のお墓から遺骨を取り出し、他の墓地に移転することが墓じまいです。遺骨を取り出すだけではなく、墓石も撤去し、墓地を更地にして管理している寺院などに返却します。墓じまいを行う理由はさまざまですが、社会の核家族化が影響しているといわれています。お墓の管理を任せる子孫がいないとか、故郷から離れた場所に住んでいてお墓参りがしにくいなどの理由があるのです。宗教や葬儀に対する考え方が変わり、「子どもたちにお墓を管理する負担をかけたくない」と考えて墓じまいを決めた人もいます。墓じまいを実行するには、役所で手続きをして改葬許可証などを用意したり、墓を管理している寺院に墓じまいを希望する旨を伝えたりしなければいけません。

遺骨の引っ越し先はどこに?

墓じまいをするにあたり、決めておかなければいけないのは遺骨の引っ越し先です。自宅からお参りしやすい場所に新たに墓地を確保したり、永代供養墓に申し込んだりするのがよくある例です。永代供養墓の場合、供養塔(納骨堂)に合葬されて個別の墓石は用意されないこともあります。予算や供養に関する考え方を親族でまとめたうえで決定するとよいでしょう。近年増えている遺骨の引っ越し先としては、「散骨」があります。これは遺骨を粉末状にして海などに散布する自然葬のひとつです。故人の思い出の場所などに散骨し、一部の遺骨は自宅保管しても法律上問題はありません。遺骨の粉末化や散骨を代行してくれるサービスがあるので検討してください。

墓じまいの費用は寺院や霊園によって異なります。また費用に含まれる諸経費も違うため事前に見積りを取ると良いです。

Related posts