酸洗いの作業方法と目的

酸洗いとは、酸を使って金属を洗浄することです。金属製品は熱処理をすると、表面にスケールという酸化皮膜が付きます。このスケールや錆などの酸化物を除去するために、酸溶液中に長時間浸けて金属の表面を洗浄します。酸化物を取り除くことにより素材をきれいにしたり、後の研磨作業の手間を省くのが目的です。

酸洗いとエッチングの違い

エッチングとは、銅版画で使用し、腐食作用を利用して表面加工をする技法です。使用する素材表面の必要な部分にのみ防錆処理を施し、腐食剤で不要な部分を溶解侵食して、目的の形状のものを得ます。酸洗いの一つですが、違いはエッチング加工は腐食性のあるものであればいろいろな素材の加工が可能なところです。

金属加工を行う上での酸洗いの必要性

金属製品にメッキ加工を施す時には酸洗いをしていなければ、しっかりとメッキを密着させることができません。そのため仕上がった製品に不具合が生じてしまいます。チタンの場合は、表面の酸化物を洗い落とさずにいると研磨をしても光沢は生まれません。金属加工を行う上で、酸洗いは必要不可欠です。

化学洗浄処理方法のメリット

酸洗いの中でも、金属製品を酸性溶液につけて、表面に付着している酸化物を洗って除去する化学洗浄処理方法を酸洗処理といいます。主に硫酸や塩酸などが使われています。

化学洗浄とは、酸・アルカリ・界面活性剤などの化学薬品を使用して、汚れや汚染などを除去する方法です。化学洗浄によって金属の持つ本来の性能や美しさを蘇らせ、生産効率をアップし、長寿命化を促進していきます。

酸洗いは金属を加工する際に付着しているゴミ取りをする行為です。酸に浸すことできれいな状態になりますが傷つきやすい状態でもあります。

Related posts